TOP

【最新記事】RSS

2013-10-19 (17:13)

BenQから新たな144Hzゲーミングモニター「XL2411T」が発表! 「XL2420TE」からスペック据え置きで機能を削減した安価モデル!


001_20131019161654ae3.jpg
BenQから新たな144Hzゲーミングモニター「XL2411T」が発表! 「XL2420TE」からスペック据え置きで機能を削減した安価モデル!

日本未発売のBenQ120Hzモニター「XL2411T」のアンケートが実施! 結果次第では国内発売の可能性も




http://www.4gamer.net/games/194/G019491/20131018027/

 2013年10月18日,BenQの日本法人であるベンキュージャパンは,ゲーマー向け液晶ディスプレイXLシリーズの新製品「XL2411T」を発表した。発売日は10月26日の予定で,メーカー想定売価は3万9800円前後となっている。

 XL2411Tは,2010年11月に発売された「XL2410T」の後継機種に当たる製品だが,主要なスペックは2013年9月に発表された「XL2420TE」に匹敵する。たとえば,垂直リフレッシュレート144Hzと中間調応答速度1msに対応する液晶パネルと,バックライトのちらつき(フリッカー)がない「フリッカーフリーバックライト」を採用する点や,暗部の視認性を高める機能「Black eQualizer」を利用できる点など,表示周りのスペックはXL2420TEと比べて遜色ない。ゲーマー向けディスプレイで最重要な部分において,XL2420TEとXL2411Tは基本的に同じと見ていいのではなかろうか。

 では何がXL2420TEと違うのかといえば,外付けのOSDメニューコントローラ「S.Switch」が付属しない点や,映像入力端子がDual-Link DVI-DとHDMI,D-Sub 15ピンの3系統に限られる点,USBハブ機能を備えない点といった,機能周りが挙げられる。

 そもそも,ディスプレイ本体やスタンド部分のデザインはXL2410Tのそれをほぼそのまま継承しているようだ。上下左右の首振り(チルト,スイーベル)や高さの調整,画面の90度回転機能,ディスプレイ右下に設けられた電源スイッチやOSDメニュー用の操作スイッチなどは,ほとんど変わっていない。

 つまり,XL2420TE相当の表示性能を確保しつつ,それ以外のインタフェース類をそぎ落とすことで,価格対スペック比を高めた製品がXL2411Tであると述べていいだろう。「XL2420TEが気になっていたが,メーカー想定売価5万4800円前後はさすがにちょっと高すぎる」と思っていた人にとっては,有力な選択肢となるはずだ。







( ゚Д゚ ) XL2420TEが高くて不評だったから慌てて投入したって感じだな

(´・ω・`) アンケ取ってた時は120Hzだったけどスペックアップしたのか


新たな定番なるか? BenQゲーミングモニター「XL2420TE」とその他モニターまとめ


BenQ 24型LCDワイドモニター XL2411T
ベンキュージャパン (2013-10-26)



カテゴリ : PC記事のURL コメント: (0) トラックバック: (0)

コメント:

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバック URL

http://ncis6247.blog.fc2.com/tb.php/3110-ea7bde1c
人気記事
検索
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
最新コメント

Appendix