TOP

【最新記事】RSS

2014-01-07 (17:20)

【G-SYNC対応】ASUSが120Hz以上で駆動可能な27インチ解像度2560×1440のモニターを発表!


003_201401071713393c6.jpg
G-SYNC対応 モニター 120Hz 144Hz ゲーミングモニター ASUS PG278Q


http://www.4gamer.net/games/047/G004755/20140107016/

ASUSのゲーマー向け製品ブランド「R.O.G.」(Republic of Gamers)初のディスプレイと位置づけられるPG278Qは,27インチで解像度2560×1440ドットの液晶パネルを採用する製品だ。垂直リフレッシュレートは「120Hz以上」をサポートすると,ややボカした表現になっているので,この点は最終製品に期待といったところだろうか。中間調(GtG)応答速度は1msとされているが,パネルの駆動方式に関する情報も現時点では開示されていない。

 さて,そんなPG278Qにおける最大のトピックは,冒頭でも紹介したとおり,GPUとディスプレイデバイスの新しい同期技術としてNVIDIAが訴求しているG-SYNCに対応することだ。イベントに登壇したASUSのJohnny Shih会長は,「ゲームへの没入感を簡単に増すことができ,ゲーム体験はより躍動的になる」と,G-SYNCに対応することの意義を語っていた。
 実際,PG278Qはほとんど「G-SYNC専用ディスプレイ」といった雰囲気で,ビデオ入力インタフェースはG-SYNCでサポートされるDisplayPortの1系統のみ。相当に割り切った仕様という印象だ。

R.O.G.
 そのほか明らかになっているスペックを見てみると,最大輝度は350cd/m2,ドットピッチは0.233mm,ピクセル密度109PPI(Pixel Per Inch)と,これといって不満のないものになっている。ベゼルの厚みがわずか6mmというのは,複数枚のディスプレイを並べて広い視野を確保するときにアドバンテージとなりそうだ。

 気になる価格は北米市場において799ドルと予告されている。さすがに高価だが,フルHDを超える解像度の垂直120Hz(以上)対応ディスプレイで,しかもG-SYNC対応となると,気になる人は多いだろう。G-SYNCビジネスを展開するNVIDIAによれば,市場投入は2014年第2四半期とのことだが,国内市場へもなるべく早いタイミングで登場することに期待したい。






( ゚Д゚ ) 意欲的だな

(´・ω・`) 誰か2560×1440で120fps以上出せるグラボ下さい…


PCゲーマー期待の新技術「G-SYNC」のQ&Aが公開! GTX650Ti以降が必要でRadeonは非対応\(^o^)/
【PCゲーマーに朗報】ティアリング、カクつきが“絶対に発生しない”新技術「G-SYNC」をNVIDIAが発表! しかも遅延まで少なくなる神仕様!





カテゴリ : PC記事のURL コメント: (0) トラックバック: (0)

コメント:

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバック URL

http://ncis6247.blog.fc2.com/tb.php/3226-47915225
人気記事
カテゴリ
検索
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
最新コメント