TOP

【最新記事】RSS

2014-02-20 (12:58)

【悲報】『バイオショック』シリーズのIrrational Gamesが小規模スタジオへと縮小、バイオショックシリーズは2Kが引き継ぐことに


Bioshock.jpg


http://www.gamespark.jp/article/2014/02/19/46461.html

『System Shock 2』や『BioShock』シリーズなど、ゲームに深い物語性を加えることで有名なIrrational Gamesにて、レイオフが実施されることが明らかにされました。設立者の1人であり中心的なデザイナーであったKen Levine氏は、今後スタジオはコアゲーミング層へ向けたタイトルにフォーカスすると伝えています。

Levine氏は「Jon CheyやRob FermierとIrrational Gamesを17年前に設立したと時、我々の目的は視覚的に独自の世界を創造し、そこに個性的なキャラクター達を住まわせることだった」と公式サイトにてコメント。ラプチャーやコロンビア、リトルシスターとビッグダディ、ブッカーとエリザベスと共にIrrationalの成長の歴史を振り返ると、現在取り掛かっている『BioShock Infinite』の最後のDLCの次に我々は何をやるのかと切り出し、小規模チームへと転換することを明かしています。


Ken Levine: 「何かの仕事をするという上で、例え最高の仕事であっても17年間という月日は長い。Irrational Gamesで素晴らしいチームと働くことは、私が生きてきた中で実に最高の仕事だった。共に成し遂げてきたことを深く誇りに思うが、一方で私の情熱は以前に手がけていたような種類のゲームを作ることへと変化していった。この問題に対処するため、私は小規模なチーム上で自身の取り組みへと再びフォーカスし、フラットな構造でゲーマーたちとよりダイレクトな関係性を持つ必要がある。様々な意味で我々がスタートした頃のやり方へ戻るということだ、コアゲーミング層のためのゲームを作る小規模チームへとね」


具体的にIrrational Gamesは今後15人のチームとしてTake-Twoと関係を断ち切らず再出発を目指す予定で、「高いリプレイ性を持つコアゲーマーへ向けた物語主導のゲーム」を開発することに専念していくとのこと。ファンとの関係性を可能な限り大事にするため、デジタル配信限定のコンテンツにフォーカスしていくことも明らかにされています。一方レイオフを受けた人員たちは、ほかのTake-Twoスタジオやサードパーティーなどへ移籍できるよう出来る限りの支援が行われる予定。

なお今回の小規模チームへの転換は当初、ゲームをデザインするために多大な時間を要するIrrationalの開発体制を考慮して、リスキーでクラシカルなスタートアップモデルでの再出発のみが視野に入れられていたとLevine氏。しかしTake-Twoから「新章を追い求めるのならば我々以上に良い場所などない」と説得され、それに応じたことを打ち明けています。

灯台と男と都市で紡がれてきた『BioShock』シリーズのユニバースは、2Kへと手渡されることが明らかにされており、Levine氏はそのため「我々の新たな試みは完全にリプレイ性のあるナラティブへとフォーカスすることができる」と説明しています。一方で、もし運が良ければ『BioShock』に関する何かを構築できるかもしれないとも伝えていますが、その何かは「something half」とも表現されており、完全に新作を担当するということは今後無い模様です。




http://doope.jp/2014/0232172.html

昨日、Ken Levine氏が“Irrational Games”の大規模なレイオフ実施と共に、規模を15人にまで縮小したチームでリプレイ性の高いナラティブドリブンなPC向けのデジタル配信タイトル開発にシフトすると報告し大きな話題となっていますが、新たに2Kが2011年に発表されたPS Vita版「BioShock」の進捗に関するCVGの確認に応じ、“新しい情報はない”と回答したことが明らかになりました。

2011年のE3やgamescom中にロゴが提示され、同年11月下旬に行われたイベントのタイトルラインアップにも含まれていたPS Vita版“BioShock”は、移植作品ではなく全く新しい新作と報じられていたものの、その後具体的なディテールや進捗は報じられず、2013年7月にはKen Levine氏が2KとSonyと共にVita版“BioShock”に関する対話を持っていたことが判明していました。





168 名前:なまえをいれてください[sage] 投稿日:2014/02/19(水) 17:52:15.79 ID:I0t3z80k
これはいいニュースだ
少人数の方がいいゲーム作れる




169 名前:なまえをいれてください[sage] 投稿日:2014/02/19(水) 18:10:28.32 ID:lrvhu1Pl
う~ん、バイオショックの新作は望めなさそうだな



170 名前:なまえをいれてください[sage] 投稿日:2014/02/19(水) 20:18:01.37 ID:Km4hjJhC
インフィニットがあまり儲からなかったのかねえ
このシリーズ好きだから是非続けて欲しいもんだが




171 名前:なまえをいれてください[sage] 投稿日:2014/02/19(水) 20:54:06.91 ID:7+OJLRo/
>>170
海外の開発は少人数のチームが中核で、最初はコンセプトやデザインをそいつらで徹底的に詰める
ゲームが固まって「じゃあこれで行くか」となると、制作スタッフを大量に雇ってグラフィックとかを一気に仕上げる
ゲームが完成したらスタッフは用済みなのでまた解雇して、またコアチームが次のゲームを企画する
それだけの話よ
逆に日本みたいにスタッフを丸々抱え込んでる方が専門性が育たず、資金繰りも苦しい

心配しなくてもBIOSHOCKシリーズの新作はこれからも出るだろうさ
単にケン・レヴィンは関わらないってだけの話







( ゚Д゚ ) まぁバイオショックは別スタジオが作るとしてケン・レヴィン氏のコアゲーマー向け新作とかwktkだろJK

(´・ω・`) 別スタジオ…バイオショック…うっ、頭が…


( ゚Д゚ ) でもこれでVita版バイオショックはどうなるんだろうな

(´・ω・`) そんなものは無かった


PSVita版『バイオショック』は開発すらスタートしていない状態らしい


Bioshock Infinite(バイオショック インフィニット)
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン (2013-04-25)

BIOSHOCK (バイオショック) (廉価版)
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン (2012-10-25)

コメント:

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバック URL

http://ncis6247.blog.fc2.com/tb.php/3268-9caf9de3
人気記事
カテゴリ
検索
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
最新コメント