TOP

【最新記事】RSS

2014-05-28 (20:57)

【これは凄い】現行SSDを[4倍高速化・60%省エネ化・長寿命化]かつ即適用可能な技術を中央大学が開発!


DSC033001.jpg



http://gigazine.net/news/20140526-chuo-univ-ssd-breakthrough/

中央大学の研究グループがソリッドステートドライブ(SSD)の書き込み速度を4倍にしつつ60%省エネ化する技術を開発しました。この新技術は、現行のSSDにただちに適用可能な技術とのことです。

半導体メモリ技術に関する国際学会「2014 IEEE 6th International Memory Workshop(IMW)」で、中央大学理工学部電気電子情報通信工学科の竹内健教授らの研究グループは、不要になったメモリ領域を自動的に開放する機能であるガーベジコレクションにおけるデータコピー量を大幅に減らすことで、高速・長寿命・省エネ化できる新技術を発表しました。

この新技術を用いることで、SSDの書き込み速度は従来比で最大4倍高速に、書き換え回数は55%減少することで長寿命化を実現し、消費エネルギー量も60%減少することが確認されたとのこと。

なお、この新技術はNANDフラッシュメモリには一切変更を加えないミドルウェアレベルで完結している技術のため、現行のSSDに直ちに適用することが可能なので、近々、SSDの性能が大幅に引き上げられることになりそうです。




これはすごい


ファーム書き換えで対応できれば素晴らしいけど、多分OSの対応が必要だよね。


4倍は書込みだけか


おおおファームアップに期待!


ミドルウェアレベルで大幅な改善を実現してしまうとか、本当にこういう所は日本って強い。


このSSDの高速化技術いいなぁ








( ゚Д゚ ) 凄いけど書き込みじゃなぁ…寿命も今のSSDは気にしなくていいレベルだし

(´・ω・`) 書き換え回数減るから論理障害は減りそうだな





カテゴリ : PC記事のURL コメント: (0) トラックバック: (0)

コメント:

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバック URL

http://ncis6247.blog.fc2.com/tb.php/3404-e95dc3b6
人気記事
カテゴリ
検索
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
最新コメント