TOP

【最新記事】RSS

2014-06-15 (23:08)

ゲーム/アニメに最適なフレーム幅わずか“6mm”の23.8型ディスプレイがEIZOから登場!


photo_big.jpg


http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140612_652914.html

e01.jpg


EIZOは、狭額縁の新デザインや、暗部視認性向上技術などを採用した23.8型フルHD液晶ディスプレイ「FORIS FS2434」を7月11日より発売する。価格はオープンプライスで、EIZOダイレクト価格は47,800円(税込)。

23.8型/1,920×1,080ドットのIPSパネルを備えた液晶ディスプレイ。'12年7月発売の23型「FS2333」(現在の型番はFS2333-A)のデザインや画質を進化させた後継機。表面はノングレア。ゲームに加え、動画/アニメなどの鑑賞や、Web/写真表示など幅広い利用シーンを想定している。

 特徴は、上部と左右の本体フレーム部を6mm(ベゼル部2mm、非表示エリア4mm)に削減した“フレームレス”デザインの採用。ディスプレイ部の外形寸法は539.4×52.5×344mm(幅×奥行き×高さ)で、従来の23型(545×54×348.5mm)に比べ小型化しつつ、画面サイズは23.8型に拡大したことで映像への没入感を追求。3台を並べて5,760×1,080ドット表示した際なども、映像に一体感を持たせることができるという。

暗部の視認性向上技術は、「Smart Insight 2」に進化。入力映像に応じてリアルタイムで暗部の視認性などを高め、ゲームで暗いシーンでも敵を見つけやすくするという技術で、ONにすると明るさ補正だけでなく新たに彩度も向上するように強化。ゲームだけでなく動画視聴時にも利用可能とした。Smart Insight 2の効果は5段階で調整できるほか、OFFにすることも可能。付属リモコンにはSmart Insight専用ボタンも装備する。

 ゲーム「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」のWindows版で、スクウェア・エニックスの検証基準をクリアした推奨ディスプレイの認定も取得。映像の忠実な再現を追求した「Web/sRGB」カラーモードにより、ファイナルファンタジー XIVの高精彩なグラフィックス表現をさらに楽しめるという。


e04a.jpge05.jpg

e03.jpge09.jpg



http://www.eizo.co.jp/products/em/fs2434/index.html

作品の「すべて」を映し出すEIZOの動画技術

ゲーム・動画・アニメなど、あらゆる映像をシーンに応じて自動補正する"頭脳"を搭載。圧倒的にリアルな高画質はFORISでのみ体験できます。(補正量は、オフを含めた6段階で調整可能)


smart_insight.jpg

6mm.jpg






かっこいいな。フレームレスが素敵。


ほおお。並べるのに良いですな


デザインいいな、これ。欲しい


こんなしょっぱいスピーカー付けるくらいなら、それを外して下側も薄フレームだったら買ってたカモ


なんとFFXIV推奨認定取得済みとな。IPSでこの応答速度は素晴らしい


廉価フォリスはでた当初はすげー微妙だったけど、最近になってなかなか良くなってきたよね。枠無しを実現できたのはかなりでかい。


これすごくいいけど、EIZOだけあって割高かなー。このベゼル頑張ったと思うけどやっぱりデザインがハイパーダサい。昭和感が抜けない。


ベゼル狭いのはいいけど、ナナオってデザインセンスが・・・


Amazonだと値引いて44k切ってるけどそれでも高く感じるなぁ…。


ベゼル幅6mmは素晴らしいなー… これの120~144hzモデル出るまで待とう








( ゚Д゚ ) FS2333の後継機きたー!

(´・ω・`) 落ち着いて3.4万くらいなら欲しい


( ゚Д゚ ) しかしデザインはどうだろ?

(´・ω・`) この画像で見るとそこまで悪くはないと思うけど…

e04a.jpg







カテゴリ : PC記事のURL コメント: (0) トラックバック: (0)

コメント:

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバック URL

http://ncis6247.blog.fc2.com/tb.php/3431-f4d0f808
人気記事
カテゴリ
検索
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
最新コメント