TOP

【最新記事】RSS

2014-06-23 (21:49)

『ウォッチドッグス』主人公は攻殻機動隊の「笑い男」? 攻殻脚本家が明かす日本語ローカライズ制作裏話


watch-dogs-wallpaper.jpg



http://dengekionline.com/elem/000/000/871/871732/

■『ウォッチドッグス』の出演声優は佐藤大さんの夢のキャスティング!

 元々、佐藤さんはプロモーション担当ということだったが、脚本で培ってきた独自の世界を生かさない手はないと、急遽ローカライズの話が来たという。そんな佐藤さんも、自身が手掛ける『攻殻機動隊』の“笑い男”が主人公・エイデンに近しい存在であることから『ウォッチドッグス』に興味津々で、仕事を快く受けたそうだ。

 日本語ローカライズにあたって、佐藤さんは1人称を「俺」「僕」「私」のどれにするかなど、表現の仕方によってキャラが立ちすぎない点に注意したとのこと。また、声優のキャスティングも担当しており、ダメ元で夢のような配役をオーダーしたところ、その8割以上が実現していたことに驚いたそうだ。

 ローカライズで苦労した点について、岩本さんによるとアメリカンジョーク1つをとっても単に翻訳しただけでは笑いが伝わらないため、日本人に受け入れられる表現に変更するのが大変だったという。海外特有の笑いや文化を日本人に伝えることに苦労したようだ。


 トークショー後半では、佐藤さんがオススメのプレイ方法を語る場面も。シカゴの街にいる1人1人の“3行しかない個人情報”に興味を持ったり想像したりしてほしい、シリアスな本編に疲れたら気分転換にミニゲームを遊んでほしいなど、『ウォッチドッグス』らしい楽しみ方をアドバイスしていた。

 最後は来場者に向けて、岩本さんからは「何百時間も遊べるほどボリュームがあるので、ぜひ買ってプレイしてみてください」、佐藤さんからは「来週、『ウォッチドッグス』のネットの世界でお会いしましょう」といったメッセージが送られ、体験会は終了した。


佐藤大 - Wikipedia
主な作品
カウボーイビバップ
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG
サムライチャンプルー
交響詩篇エウレカセブン
東のエデン






( ゚Д゚ ) 攻殻ってもう12年前になるのか…

(´・ω・`) 今週発売なのになんでOriginはまだ発売日近日公開なんだ…





コメント:

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバック URL

http://ncis6247.blog.fc2.com/tb.php/3441-264c8c5d
人気記事
検索
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
最新コメント

Appendix