TOP

【最新記事】RSS

2015-02-07 (23:35)

ゲーミングヘッドセット「HyperX CloudⅡ」が届いたので『バトルフィールド ハードライン』『AVA』で試してみた


hscp-bottom-slider-headset-img002.jpg
HyperX CloudⅡ レビュー 感想 バトルフィールドハードライン AVA FPS ヘッドセット ヘッドホン


「プロモーションしてやで~」

「ええやで~」



ってな訳で2月発売予定のKingston Technology製ゲーミングヘッドセット「HyperX CloudⅡ」が届いたのでレビューしようと思います。

kingston-technology-logo.jpg

Kingston Technologyと聞いて「お?」となった方もいると思いますが、そう、PCメモリで有名なあのキングストン。ゲーミングヘッドセットも作っていたとは知らなかった。



7.1chバーチャルサラウンド搭載ゲーミングヘッドセット「HyperX CloudⅡ」

DSC00432.jpg

DSC00435.jpg


内容
ヘッドホン
USB型7.1chサラウンド搭載サウンドカード(兼コントローラー)
マイク
交換用イヤーパッド
3.5mmステレオミニジャックの何か



DSC00438.jpg

本体のイヤーパッドとは別に交換用のイヤーパッドが付属。左が革、右が布。
交換用が付いてくるという発想が無かったので衝撃的でした。年末にHD650のイヤーパッドを購入したら5000円もしたので…まぁHD650はそこそこお高いヘッドホンなので仕方ないのかもしれないけれど。

マイクは脱着が可能。
そしてUSB型7.1chバーチャルサラウンドのコントローラー、これも脱着が可能。

7.1chバーチャルサラウンドとは?
音の移動感がスムーズになり、立体感や密度感も増します。例えば、飛行機が頭上を前から後へと飛び去るようなシーンだと、効果が分かり易いでしょう。




DSC00437.jpg

USB型サウンドカードはコントローラーの真ん中にあるボタンを押すと7.1chサラウンドが有効になります、実にシンプル。設定不要。


DSC00439.jpg

PC350との大きさ比較。ブレブレで申し訳ないがPC350は空間に余裕がある大きさ、HyperX CloudⅡはきっちり耳を塞ぐ感じ大きさ。



ではゲームの前に自分が普段ゲームをしている時のサウンド環境を書いておきます。
「サウンドカード X-Fi Titanium(オーディオモード) + HD650(音楽用)」

以前は「X-Fi Titanium(ゲームモード) + PC350(ゲーミング)」だったんですが最近は切り替え&付け替えが面倒くさくて…。

なので今回は「X-Fi Titanium(オーディオモード) + HyperX CloudⅡ」でのレビューになります。
まぁゲームモードは切ってるのでのサウンドカードはあってもなくても大差ないと思います(適当でサーセン)


では『バトルフィールド ハードライン』に…

突撃ぃいいいいいいいいいい!



…………………

……………

………




ヘリ厨○ね


暴言はさておき使ってみた感想は弾の飛んでくる方向とビークルの走行音を正確に拾ってくれる。

弾の飛んでくる方向。これはBFでは撃たれても距離が離れていて発砲音が聞こえないので大事。
ビークル(乗り物)はそこそこ離れていても鮮明に、正確に音を拾ってくれる。現在開放されているマップがビークルでのロードキルが多いマップなので非常に助かる。



ちなみに足音は?

まったく拾わない

全くといっても静かな場所で待ち伏せ、というのなら僅かに拾えるが室内戦だとまったく足音は拾えない。どうやらそういう仕様で今後改善するとのこと。

「Battlefield Hardline」の改善要素がアナウンス
感知しやすいオーディオ:開発チームが様々な環境の中で敵の検知をより容易にするオーディオキューの改善に取り組んでいる。これにより、雨音やラジオ音声といった周囲のサウンドと同様に、後ろから駆け寄る敵の足音もより大きく聞こえるとのこと。



お詫び


ちなみに『バトルフィールド4』は音が全く頼りにならない(銃声、爆発で何も聞こえない、そもそも音が拾いにくい)ゲームだったのでそういった意味で今作ハードラインではゲーミングヘッドセットが役立つこと間違いなし。



続いて『AVA(Alliance of Valiant Arms)』

AVAと言えば昔は音ゲーと言われるほど音が重要だったゲーム。しかし仕様変更でかなり修正された模様。この辺りからAVAを離れてしまったのでかなり久しぶりのAVA。

感想、障害物越しでも足音、リロード音は拾える(半径10mくらい?)

ただし足音はボリュームを上げないとキツイ。



以上、ゲームで使ってみた感想。

本当はCoD:AWもやってみたかったけどPCスペックが厳しかった…



装着感

頭の上の部分がたまに気になるくらいで側圧は全く気にならず。
密閉型なので夏は確実に蒸れます、密閉型の宿命なので仕方ない。
重さは感じませんでした。



で、結局「HyperX CloudⅡ」はどうなのか?

ゲーミングヘッドセット(ヘッドホン)を持ってなくて興味がある方には間違いなくおすすめ。
各部品が脱着可能で交換用イヤーパッドがあるので長く使える、そしてボタンひとつで使えて設定不要の7.1chサラウンドは魅力的。

すでにゲーミングヘッドセットを持っているが不満がある、もしくは7.1chサラウンドを試してみたいって方は次のヘッドセットにいいかも。

現状に満足してる方は買い換える必要なし。


HyperX Cloud ヘッドセット【公式サイト】
http://www.kingston.com/jp/hyperx/cloud




あ、そうそう、PC版『ウィッチャー3:ワイルドハント』のパフォーマンスはメモリの増設が大事らしいですよ。


http://doope.jp/2015/0139935.html
Jonas Mattsson氏によると、最小動作要件からミドルスペックでPC版“The Witcher 3: Wild Hunt”をプレイし、ハードウェアの強化を図る場合、最も効果が高いのはメモリの追加だと説明している。




コメント:

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバック URL

http://ncis6247.blog.fc2.com/tb.php/3621-338ecd93
人気記事
検索
カテゴリ
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
最新コメント

Appendix