TOP

【最新記事】RSS

2016-09-19 (19:59)

半月でユーザーが90%減った『ノーマンズスカイ』 →ソニー吉田氏「話を盛るのはいいPR戦略ではなかった、結局のところ、彼はインディーデベロッパー」


vYVZabrC5BZb5tbEJNGfuU.jpeg



PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より | Game*Spark

『No Man’s Sky』、ユーザーの不満は大規模な返金騒動へと発展。本当に必要だった“アフターケア”は存在したか | AUTOMATON


http://jp.ign.com/no-mans-sky/7470/news/no-mans-skypr

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のワールドワイド・スタジオ プレジデント、吉田修平氏は海外メディアEurogamerのインタビューに答え、「No Man's Sky」をプレイすることを自身は楽しんだが、多くのプレイヤーがこの作品にがっかりさせられたことも理解できると話した。吉田氏は原因はHello GamesのPR戦略だと指摘する。

「特に(ディレクターの)ショーン・マーレイ氏に向けられた批判には、一部理解できるものがあります」と吉田氏はEurogamerに話す。「彼の説明では、Day 1からもっと多くの機能を約束しているように聞こえました」

「あまり良いPR戦略ではありませんでした。なぜなら彼には助けてくれるPR担当がいませんでしたし、結局のところ、彼はインディーデベロッパーです」


一例を挙げるならば、マーレイ氏はゲームのローンチ前、マルチプレイヤーといった機能に言及していたが、発売されたゲームにはそういった機能は導入されていなかった。一部のプレイヤーの中には、期待していたゲームではなかったとして返金を求める者もいた。

ソニーが発売前の「No Man's Sky」を全面的に打ち出していたこと、パブリッシャーおよびパッケージ版の配給元(Hello GamesはPCとPS4のデジタル版のパブリッシャー)というソニーの立場を考えると、今回の発言は波紋を呼びそうだ。












( ゚Д゚ ) 盛ってた部分はあるかもだけどそれを全力で後押ししたのはソニーなんですがそれは…

(´・ω・`) インディー路線打ち出してシンデレラストーリー見せたかったソニーが滅茶苦茶した結果だよね…出資しないけど開発には口出ししない、でも扱いはAAA級…弱小インディースタジオにそんな大作作れるわけもなく

(´・ω・`) そして皮肉にもノーマンは注目される事を目指して作られたタイトルだからPR的には大成功というオチ



コメント:

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバック URL

http://ncis6247.blog.fc2.com/tb.php/3867-a22f3b30
人気記事
カテゴリ
検索
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
最新コメント