TOP

【最新記事】RSS

2017-01-20 (03:35)

ゲーマーのシリーズ新作離れが深刻! CoDシリーズに至っては76%が離脱していることが判明! 人気は「継続的なアップデートタイトル」に集中


maxresdefault-1-1.jpg
CoD 人気 ユーザー


https://damonge.com/p=19813

2015年以前のゲームが席巻

2016年発売のゲームは、その年最高のゲームとはならなかったようだ。

IGNが伝えるところによれば、2016年中にSteamで最もプレイされたゲームの上位は、いずれも2016年以前に発売されたゲームだったとのこと。

Steamの人気タイトルの分析を行うGitHypによれば、1時間当たりの平均プレイヤー数を用いて、2016年にSteamで最もプレイされたゲームを算出すると、上位5位は全て2015年以前の発売であった。

Dota 2 : 63万6,607人 (2013)
Counter-Strike: Global Offensive : 36万600人 (2012)
Team Fortress 2 : 5万802人 (2007)
Grand Theft Auto V : 4万258人 (2015)
Sid Meier’s Civilization V : 3万7,885人 (2010)

シリーズを重ねる作品のユーザー減少率が大きい

2016年に発売されたゲームの中で、同時プレイ人数のみで算出した場合には『No Man’s Sky』や『XCOM 2』といったタイトルが並ぶが、いずれも平均プレイヤー数を維持することは出来なかったようだ。

GitHypによれば、“Call of Duty”シリーズの平均プレイヤー数は去年から76%減少し、『Watch Dogs 2』も前作から61%減少しており、続編のリリースを重ねるよりも継続的なアップデートを行うことが、ユーザーの継続的な確保には効果的なのだという。






( ゚Д゚ ) CoDは自業自得だと思うけど…継続アプデが人気っていうのは最近だとGTA5や虹6、Divisionが証明してるよね。国内だとSAOが評判良かったな、ちょい前にアプデでやらかしたけど

(´・ω・`) 大手が挙ってシリーズ連発するからマンネリ感あるよね…



コメント:

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバック URL

http://ncis6247.blog.fc2.com/tb.php/3968-5b99cde5
人気記事
カテゴリ
検索
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
最新コメント