TOP

【最新記事】RSS

2017-07-28 (10:14)

PC版『Fate/EXTELLA(フェイト/エクステラ)』がSteamで配信開始! 高評価だけどデフォルト設定がクソ 【設定&DLCバンドル購入まとめ】


maxresdefault-8.jpg
Steam PC版 FateEXTELLA フェイトエクステラ 設定 コントローラー パッド スペック 操作 DLC


Fate/EXTELLA
bandicam 2017-07-28 06-13-25-612


非常に好評 (593 件のレビュー)
bandicam 2017-07-28 09-22-07-654


リリース直後はグラフィックやマウス感度を設定する設定ツールが見つけにくい場所から起動しないといけなかったが、現在はゲーム起動前にゲームを直接起動するか設定ツールを起動するかを選択することが可能になっている。
グラフィック設定はウィンドウ/フルスクリーン切り替え、解像度、テクスチャ、映り込み・輪郭線・アンチエイリアス・フォーカスといった項目が用意されている。

メインPCのCore i5・メモリ16GB・GeForce GTX 1070では1080pの最高設定で常時60fps、Atom Z8700・メモリ4GBのGPD WINで720p・テクスチャは中・他はすべてオフで15-30fps程度の重さ。オンボードGPUでもIntel HD 4000シリーズ以降であれば解像度と設定を極端に上げなければ問題なく動くと思う。

不満点はやはり価格設定。一週間前に発売されたニンテンドースイッチ版が全DLCと新規衣装を追加して7,800円なのに対し、Steam版は定価6,800円でDLC類はすべて別売りとなっている。ゲーム本体とDLCをパックして価格を抑えたバンドル版が欲しかった。


推奨以上のPCスペックで推奨設定でプレイしてみたが、60体くらいの敵がいても問題なく動いた。
キャラクターカスタマイズは、サーヴァント向けのパッシブ設定とマスターの装備クラフトがあるがおまけ程度の印象で残念。
ハックアンドスラッシュのタグが付いているが、そこまでアイテムはボロボロと落ちないので購入の際は気を付けて欲しい。
読み物としてもアクションゲームとしても遊べるのでオススメ。
Nintendo Switch版はDLCが全部含まれているので、本体持っている方はそちらを購入したほうがいい。


肝心の解像度の設定等はちゃんと出来るようになっていました。
ゲームを起動する際に設定ツールを起動することができます。
b89ca2d6c9847dbe640204cb6c104455.png

 (画像 https://gyazo.com/b89ca2d6c9847dbe640204cb6c104455 )
ゲーム自体も思ったよりも軽く、快適にプレイできました。

自分の環境のせいなのかわかりませんか、
どういうわけかAeroを無効にした状態でウィンドウモードにて起動すると画面が真っ暗になってしまいます。
(フルスクリーンでは問題なく動作します)

欲を言えばSwitch版のようにDLCも同梱して欲しかったです。

追記:2017/07/27 21:52
焔詩篇までクリアしました。
今のところフリーズ等なく、快適にプレイできています。(以下PCスペックです)

CPU:i7-6700K(定格)  VGA:GTX970(MSI)  メモリ:8GB

フルスクリーン(1920x1080 高設定)でプレイしていますが、
120-180FPSほどで安定しています。CPU使用率も30-50ほどです。
ウィンドウモードにてプレイするとFPSが120で固定されました。
これは自分が120Hzのモニターを使っているからかもしれません。
ALT+ENTERでウィンドウモードに切り替える事もできます。
ただ肝心の解像度が起動する際にしか設定出来ないので使い所は…って感じでした。
PS4版もそうでしたが、セーブ機能がオプションの奥の方にあるので少し面倒でした。
もうちょっと安くなってくれれば手を出す人も増えそうですね。
無双系のゲームなのでコントローラー必須なところがありますが、
雑魚蹴散らす爽快感があるので楽しいです。花嫁衣装欲しかったです。



画質はともかくとして(期待するだけ酷だな)、これと言ったラグや画面のちらつきもないし快適にプレイできている点もいい。それに日本語でプレイできるのは嬉しい。

しかしマニュアルセーブがなぜかオプションメニューの奥とか、ゲーム終了がタイトルページだけとか、セーブファイルが一つだけとか、PCゲームをあまり理解してない作りが目立つ。そこら辺は欧米の連中を見習えよって言いたい。
それに強気な値段設定、見た目DLCのばら売り(発売開始当時、DLCバンドルへのリンクがストアページに表示されてない)とかPCユーザーはカモかボンボンとしか思ってないような行動はいらない摩擦を起こすだけだと思う。実際フォーラムでぶーぶーと文句を言う連中があるんだし。
それにPCはPS4やSwitchみたいな特典衣装とかがないため、はっきり言ってファンにとっては無理してまで購入する価値があるのかどうか分からない。PS4やSwtichで遊ぶ予定がないなら購入を考慮してもいいかもしれないが、すでに持っているならPCで遊ぶ意味はない。


操作性に関しては素直にコントローラ(自分はXBox360 コン)を
使うことを強く推奨します。



ゲームにとって玄関とも言えるタイトル画面。それらに感動した私の気分は最高潮、高ぶる気持ちはそのままに、いざPLAY GAME!!
しかし、我々ユーザーは、ここである問題に気づきます。
それは、UIの操作をマウスで行えないという事実!!
最初こそ、まぁ慣れるだろう・・・と我慢できますが、残念な事に、プレイが進むにつれこのストレスはより存在感を増していきます。
そんな程度ちょいと我慢すりゃあいいじゃない、と思う方も多いでしょう。しかしながら、一度マウス、あるいはキーボードの定位置から手を離し、UI操作でのみ使う部分のキーを押すのは結構なストレスになるのです。

後にふれるキーコンフィグやマウス感度については改善してしまえばストレスフリーですが、こちらはそうは行きません。
プレイ中、終始付きまとうものなのです。折角のPC移植なのですから、テキストなんかはマウスホイールやクリックで読み進めたいなあ、と思うわけですね。

 さて、UI操作に関して落胆しつつ、プレイを進めていくとテキストが終わり、ついにアクションのチュートリアルが開始。
PCゲームに慣れきっている僕なんかは意気揚々とジャンプだ!!とスペースキーを押すと、なんとポーズメニューが開くではないか(実際には別の何かだったかもしれませんが、覚えていません)!おまけにマウスを動かしてもカメラ操作が出来ないではないか!!!!!
いやな予感がし、そのままキー設定を見ると・・・・・・なんとそこにはマウス使用を放棄したデフォルト設定が待ち受けているではないか!!!!!!!!!!!!!!困った。

私はPCゲームでマウスを使わないという発想に慣れておらず、結構驚いちゃいました。
実際、この手のアクションゲームを全てキーボードだけでプレイする方って、どれくらいいるんでしょうか?少し気になります。
ま、それはさておき、マウス&キーボードに慣れ親しんだプレイヤーはここでちょっとしたサプライズを楽しめたでしょう。Lボタンがジャンプのゲーム、はじめて見ましたね。新しい出会いをくれて有難う!
 新鮮な出会いに感謝しつつ設定を終えた私は、期待に胸を躍らせ「いざチュートリアル!!!」とオプション画面を解く。
・・・・・・しかし、ここでマウスユーザーにとって最も重要な感度の設定を忘れていた事に気がつくではありませんか。
いかんいかん、とウッカリ屋さんだなあなんて思いつつオプション画面を開いた私は、さらに驚きのサプライズを受け取る事に・・・・・・。
なんとこのゲーム、プレイ中のオプション画面にマウス感度を変更できる項目がないのですよ・・・・・・!恐怖体験ですよこれは・・・・・・。
そんな、ちょっとしたホラーに遭遇した気分で必死に感度設定を探していると、そういえば起動前に設定ランチャーを開ける選択肢があった事を思い出したのです。
 早速ランチャーを開くと無事マウス感度の変更を見つけることが出来ました。ついでに解像度やテクスチャ設定なんかも。
この時点で本作の”PC移植”という点に下しつつあった評価をほんの少し改めつつも、やはり譲れない気持ちがふつふつとわいてきます。
それはやはり、マウス感度の変更についてです。
どのようなゲームにおいてもマウス感度というものはプレイヤーにとって相棒なのです。
そんな相棒の調整は実に繊細なもので、実際のプレイ中にオプションを開いて微調整、ってのはPCゲーマーなら100万回くらい経験があるでしょう。
本作は、その調整に結構な手間がかかるのです。ゲームを一旦閉じ、ランチャーを開き、またゲームを起動し、試す。
一度で済めばいいでしょうが、そうはいかんのがマウス感度ってものです。何度か調整するうちに結構なストレスを感じていました。
マウス感度やキーアサインは一度決まってしまえばそれで問題は解消出来ます。
ですが、この正解にたどり着くまでの調整でゲーム内容に触れる前にユーザーが疲弊感を感じてしまうのは良くありません。

私は調整を終えた段階で、本作の”PC移植の完成度”についての質の低さを確信してしまいました。

 PCゲーマーには多様なプレイスタイルが存在するのです。それはマウス&キーボードであったり、コントローラーであったり、キーボードオンリーであったり、マウス&コントローラー(モンゴリアンスタイル)であったりします。
そういったユーザーの多様性を想定してUIの操作感を調整していくことが、コンシューマゲームのPC移植なのだと思います。
本作からは、コントローラプレイが前提なのかなぁという印象を受けました。
ゲーマーにとってプレイ環境を整える設定というのは、ゲームにとっての真の玄関といえます。それはタイトル画面同様、我々を迎え入れる誠意を感じさせる重要な拠点なのです。
本作の大変優れた点であるアクションシステムや、魅力的なキャラクター。そういった部分に触れる前に、気分を害してしまうのはやはりとても勿体無いことなのです。
操作に関するストレスを払拭し、ゲームプレイに熱を上げたからこそ、私はそう感じています。






Fate/EXTELLA Steamで買おうと思った人にちょっとだけアドバイス
DLCはまとめ売りの割引パッケージがあるのでそちらで買いましょう
ストアでは表示されてませんが表示する予定だそうです
http://steamcommunity.com/app/511680/discussions/0/2132869574277890153/






SteamのFate/EXTELLAを買うかどうか操作方法が不安で悩んでいる方向けに動画を作成しました、興味ある方は是非ご覧ください~

Steam版Fate/EXTELLAのマウス、キーボード等操作方法説明







( ゚Д゚ )
ちゃんと設定すればキーボードマウスでも大丈夫そうだな

(´・ω・`)
まぁこの手のゲームはコントローラーが最適解だと思うけどね



コメント:

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバック URL

http://ncis6247.blog.fc2.com/tb.php/4018-b4783bfd
人気記事
カテゴリ
検索
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
最新コメント