TOP

【最新記事】RSS

2017-08-03 (14:16)

【祝】極寒サバイバル『The Long Dark』がついに正式リリース! 日本語にも対応してるぞ! さらに映画化も決定! すげえええええええ!


ba27e8e9a88590035f06ce8475a8f0a7f05d0864.png
Steam TheLongDark 早期アクセス アーリーアクセス 正式 製品版 映画化 日本語


http://doope.jp/2017/0867573.html

待望のストーリーキャンペーンを導入する8月1日(日本時間の本日深夜)の製品版ローンチがいよいよ目前に迫るHinterlandのオープンワールドサバイバルアドベンチャー「The Long Dark」ですが、本日Hinterlandが“ELEGY”と題した実写短編作品を公開。なんと“The Long Dark”の長編映画化を進めていることが明らかになりました。

映画版“The Long Dark”は、数々の短編やTVシリーズ(Inhuman Condition、Omegaなど)を手掛けたカナダのJared Pelletier氏が監督を務め、Hinterland StudioのボスRaphael van Lierop氏が脚本を担当するほか、長編の予告となる“ELEGY”には、なんとアトム・エゴヤンの映画“手紙は憶えている”や“カールじいさんの空飛ぶ家”、マイク・ミルズの“人生はビギナーズ”で知られる名優クリストファー・プラマーが参加しており、長編のクオリティに大きな期待が掛かる状況となっています。


大規模な磁気嵐で崩壊した“The Long Dark”のポストアポカリプス世界とサバイバルを描く短編“ELEGY”



なお、映画版の脚本を担当するRaphael van Lierop氏は、Relicで“W40k: Space Marine”を含むW40kやCoHシリーズの開発を率い、傑作“Far Cry 3”初期のナラティブディレクターを担当したほか、第二次世界大戦下のワルシャワ蜂起とポーランドのレジスタンスを扱った野心作“Enemy Front”のディレクションを担当したベテランとして知られていました。


















( ゚Д゚ )
生存期間3年、たどり着いた先は映画館だった…

(´・ω・`)
インディーゲーが映画化とか凄いな、正式リリースおめ!





コメント:

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバック URL

http://ncis6247.blog.fc2.com/tb.php/4034-745c2f1d
人気記事
カテゴリ
検索
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
リンク
最新コメント